美味しいを武器にする方法を教室で学ぶ|喫茶やパンのプロになろう

多角的な習得

女性

体と頭で覚えるバリスタ

バリスタとしての働き方を見つけるなら、学校で何をどう学んで成長するのか、その方法を知らなくてはなりません。ただ学校に入ると言うだけでなく、その学校ではどのようなカリキュラムがあり、どんな事が学べるのか比較してみましょう。まず、バリスタではコーヒーの抽出方法を1から学んで行きます。コーヒーの種類はいくつかに大別されていますので、その種類と最適な抽出方法について知ります。バリスタは、他のカフェの職業と違って専門的な知識が多分に必要とされます。洗練された知識を土台に技術が生まれるため、座学に取り組む姿勢が大切です。実習も多くありますが、体と頭を両方同じくらい大切に考えながら覚えて行くのがベストです。

経営や財務管理までを履修

バリスタの学校を志望する人が多いのには、将来的な個人経営を視野に入れやすいと言う理由があります。自分のお店を持つ事を夢見て入学する人が多く、将来自分達だけで働けるような、職の安定に関する期待もされています。ただ、もちろん一筋縄でいくような簡単な仕事ではなく、お店が繁盛して経営が成り立つかは努力次第です。専門学校では、そうした努力を支援すべく、経営やマーケティングに関するたくさんの知識を獲得出来るようになっています。経理関連の財務管理に関する本格的な点まで履修科目にあるため、金銭的な目線に立った現実的な事も学べます。他にもメニュースタンドや広告・お店の内装作りに関わる点まで、リアルな目線で勉強出来る点があり、バリスタ人気に拍車を掛けています。

幅広く学ぶ

バリスタを志望する場合、コーヒーのことだけを勉強してればいいというわけではありません。紅茶や喫茶を全般的に学んだり、お菓子やパンについての勉強も必要なのです。このコーヒーに相性の良いお菓子やパンにはどのようなものがあるかなど、広い視野で学ぶことが大切です。幅広く勉強することで、実際に働いたときに知識を活かすことができます。一人で勉強することは難しいですが、専門学校ですと教室で仲間と一緒に勉強することができるので、より集中して勉強することができます。一般のコーヒー教室で学ぶことも良いのですが、バリスタを志望するならば、専門的な知識・技術を習得できる専門学校で学ぶことが大切です。

婦人

進学先の検討

パティシエの専門学校はカリキュラム、立地、通学方法、先輩の就職先などから選ぶことが必要です。費用としては年間100万円から150万円程度かかり、入学金も別途かかります。

レディ

必要な学費

調理専門学校では、調理技術を学ぶために様々な食材を使用します。安いものばかりでは仕方がないため、時には高額な食材に関する技術・知識を学ぶこともあるためどうしても学費は高額になってしまいます。

お菓子

パティシエの専門学校

パティシエの専門学校に通うためには、学校探しをしたりなどやっていく事がいくつかありますのでしっかりと事前に把握しておきます。また、人気の理由としては、基礎からパティシエに必要な事を学ぶ事ができるというのがあります。